谷上工務店はF☆☆☆☆を使っている


一流の会社はやはりどこも似たようなものとなってしまうかもしれません。
ピラミッドや山の頂みたいに、
特徴を突き詰めていくと同じところに行きついてしまうのかもしれませんね。

谷上工務店はF☆☆☆☆(Fフォースター)の建材を使用しています。
ホルムアルデヒドを放出する量が限りなく0に近い建材のことで、
ハウスシック症候群の被害を抑えることが出来ると言われています。
このF☆☆☆☆は、大手でしたら今やどこでも使っているかもしれませんね。
谷上工務店に限らず、
色々なところでF☆☆☆☆の使用を義務付けていると言えそうです。

ハウスシック症候群はとても怖い病気です。
これに罹ると、めまいや頭痛、倦怠感、呼吸障害となってしまいます。
また、住宅だけでなく、新車でも同様のことが発生し、
シックカー症候群という名前まで付けられています。
その原因ですが、ホルムアルデヒドをはじめとする揮発性有機化合物です。
特に危険な13種類の成分が存在し、それらを含む(放射する)建材は、
住宅作りにおいて使用が制限されています。
禁止ではなく制限なので、ある程度放射していても、
使っていいことになっているのです。
こうした化合物は防腐処理として有用なので、仮に何の処理もしていないと、
あっとういう間に柱は腐ってしまうでしょう。
しかし、ハウスシック症候群で悩んでいる方は、
そのほんのちょっとすら忌避します。

だからこそ谷上工務店はF☆☆☆☆を使用しているのです。
F☆☆☆☆でも完全に0%ではないですが、放射量は非常に少なく、
ハウスシック症候群で悩まされることは皆無になるでしょう。
また、谷上工務店が採用しているかは分かりませんが、
空気中に漂うホルムアルデヒドを吸着させるボードというのも存在します。
そうしたものを建材として家中に張れば、
ハウスシック症候群の悩みは可能な限り抑えられると思いますよ。
ハウスシック症候群でお悩みの方は、谷上工務店の家に住みませんか?