犬のために谷上工務店でバリアフリー工事


筆者が谷上工務店で注文住宅を頼むなら、
階段には特に気を使いたいところです。
極端な話、うちの愛犬(ウェルシュコーギー)でも
昇り降りできるタイプが良いです。
いっそのこと、滑車を設置してくれるとありがたいです。
ちなみにうちの愛犬、
ウェルシュコーギー純血種の分際で、足が超長いです。
お腹が地面にスレスレなイメージがありますが、
うちの愛犬に限ってそれはありません。

谷上工務店で注文住宅を頼めば、
階段の幅、段差、長さも思いのままです。
自由に間取りを設定できるのが注文住宅の魅力なので、
たとえ一部屋あたりの面積が小さくなろうとも、
階段にはゆとりを持たせたいと思います。
最近の分譲住宅はかなり段差が急なので、
うちの愛犬は登れはしても、降りることは出来なさそうです。
むしろ、スライダー的なものを
谷上工務店に要望したくなります(絶対に利用しないと思いますが)。
やはり滑車的な何かが欲しいですよね。

名前は完全に忘れましたが、洗濯物用の昇降機みたいなのがありますよね?
もしくは、筆者いきつけのモスバーガー店では、
食べ物や食器だけを運ぶエレベーターが付いています。
3階建ての建物で、1階にしか調理場がなければ、
こうしたギミックは必須でしょう。
そうしたものも谷上工務店で注文できるかもしれませんね。

電動だと費用が高く付きますので、
手動で動かすものが欲しいところです。
そこに犬を搭載させて、下まで運ばせることが出来ます。
幼稚園児でしたら、
公園によくあるクルクル回る滑り台が良いかもしれませんが、
犬はそういうのが苦手だと筆者は思っています。
むしろ人間だって、頭から落下すれば恐怖です。
昇降機的なものを谷上工務店にお願いして設置する際も、
犬が落下しないように安全に配慮すべきと言えそうです。

一段一段が高いのが問題なら、右足左足それぞれを置く場所で、
微妙に高さをズラすのも良いかもしれませんよね。
それでしたら、一段の高さはちょうど半分になります。
四足歩行の生き物は
ウネウネ身体を捻りながら昇り降りすることになりますが、
少なくともコレで階段の移動が可能です。
人間が利用しやすいかどうかは不明ですが、
それに関しては慣れましょう。